読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

nikonikokuma’s diary

初めて受けた子宮頸癌検診から手術まで、とその後

子宮頸癌検診 レーザー蒸散 保険おりそうです。

医療保険


これも結婚前にもしもの時のためにと

入っといたのが良かったです!


自分の入ってる保険なのに、内容がよく分からず、

窓口に電話して聞いてみたところ、

通院保証は入っていなく、

入院と手術の保証があるみたいです。


頸がん検査で、HSILが出てから、

高度異形成→円錐切除かレーザー蒸散の手術

と調べた時に、

今後入院、手術なんて事になったらお金かかるじゃん!と

すぐに保険会社に電話しましたよ!笑


通院や、細胞診、組織診、ウイルス検査と

とにかく金がかかるので、

入院、手術の保険がおりるだけでも

かなり有り難いです(*´꒳`*)


当たり前だけど、悪い診断が出てからだと

保険に加入できなかったりするので、

入っておくと安心かもですね。


ちなみに私はケチなので(笑)積み立て型の保険に入ってます。

掛け捨てよりも、何かあった時におりてくる保険金は下がるかもしれないけど、

貯金&こういう時に僅かながらも保証があるのは

やっぱり心強いです(*´꒳`*)


あ、あと私の保険にガン特約みたいのがついてて、

癌と診断されたら、今後の保険の支払いが免除されるというものなんですが、

え、私、もし上皮内癌だったら支払い免除になるの?と図々しくも聞いてみました。が、

上皮内癌はダメと言われました。

なんのこっちゃと聞きながら調べてみると、

上皮内癌は0期の癌←どこにも転移してないし、取っちゃえば治るでしょ。

みたいな位置付けとのこと。なるほど。


まあ保険の話はこんな感じでした。


とりあえず手術までの1ヶ月は不安の塊でした。

レーザー蒸散だと、焼いてしまうので詳しくは調べれない。

術後の経過観察で治ればもちろん万々歳だけど、

もし自分が、上皮内癌だったり、その癌が浸潤してたりしてたらどうしよう、

やっぱり円錐切除で切り取って調べてもらった方がいいのかな?とか、

この1ヶ月に病状が進んだらどうしようかとか。

(術後の今現在も、不安は続いてます。笑)


ちなみに、手術が決まってから、麻酔の関係で当日まで禁煙しろと言われました。

いかんせん私、喫煙者なんです(*_*)


前回の診察でも先生に頸がんは喫煙と関係性あるからやめた方がいいですよ、とは言われていたものの、

本数減らすだけでやめれませんでした。笑


しかし。麻酔に支障が出ると言われたら

怖くて吸うのやめました。笑

しかも術後の現在も吸ってません!

今吸ったら術前の禁煙生活が無駄になる気がして

勿体無いのと、今回この病気になってから、

自分は大丈夫、という考えをやめなくてはと思ったからです。


不摂生、不規則な生活、喫煙、運動不足、

頑張って治していかなくては!


いまだにタバコ吸いたくなりますが、

あのタバコのせいで体からウイルスを排出できなかったんだと思うようにして禁煙頑張ってます。

このまま一生禁煙できたらいいな。


続く。

次こそ手術当日です!