読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

nikonikokuma’s diary

初めて受けた子宮頸癌検診から手術まで、とその後

子宮頸癌検診 レーザー蒸散 保険おりそうです。

医療保険


これも結婚前にもしもの時のためにと

入っといたのが良かったです!


自分の入ってる保険なのに、内容がよく分からず、

窓口に電話して聞いてみたところ、

通院保証は入っていなく、

入院と手術の保証があるみたいです。


頸がん検査で、HSILが出てから、

高度異形成→円錐切除かレーザー蒸散の手術

と調べた時に、

今後入院、手術なんて事になったらお金かかるじゃん!と

すぐに保険会社に電話しましたよ!笑


通院や、細胞診、組織診、ウイルス検査と

とにかく金がかかるので、

入院、手術の保険がおりるだけでも

かなり有り難いです(*´꒳`*)


当たり前だけど、悪い診断が出てからだと

保険に加入できなかったりするので、

入っておくと安心かもですね。


ちなみに私はケチなので(笑)積み立て型の保険に入ってます。

掛け捨てよりも、何かあった時におりてくる保険金は下がるかもしれないけど、

貯金&こういう時に僅かながらも保証があるのは

やっぱり心強いです(*´꒳`*)


あ、あと私の保険にガン特約みたいのがついてて、

癌と診断されたら、今後の保険の支払いが免除されるというものなんですが、

え、私、もし上皮内癌だったら支払い免除になるの?と図々しくも聞いてみました。が、

上皮内癌はダメと言われました。

なんのこっちゃと聞きながら調べてみると、

上皮内癌は0期の癌←どこにも転移してないし、取っちゃえば治るでしょ。

みたいな位置付けとのこと。なるほど。


まあ保険の話はこんな感じでした。


とりあえず手術までの1ヶ月は不安の塊でした。

レーザー蒸散だと、焼いてしまうので詳しくは調べれない。

術後の経過観察で治ればもちろん万々歳だけど、

もし自分が、上皮内癌だったり、その癌が浸潤してたりしてたらどうしよう、

やっぱり円錐切除で切り取って調べてもらった方がいいのかな?とか、

この1ヶ月に病状が進んだらどうしようかとか。

(術後の今現在も、不安は続いてます。笑)


ちなみに、手術が決まってから、麻酔の関係で当日まで禁煙しろと言われました。

いかんせん私、喫煙者なんです(*_*)


前回の診察でも先生に頸がんは喫煙と関係性あるからやめた方がいいですよ、とは言われていたものの、

本数減らすだけでやめれませんでした。笑


しかし。麻酔に支障が出ると言われたら

怖くて吸うのやめました。笑

しかも術後の現在も吸ってません!

今吸ったら術前の禁煙生活が無駄になる気がして

勿体無いのと、今回この病気になってから、

自分は大丈夫、という考えをやめなくてはと思ったからです。


不摂生、不規則な生活、喫煙、運動不足、

頑張って治していかなくては!


いまだにタバコ吸いたくなりますが、

あのタバコのせいで体からウイルスを排出できなかったんだと思うようにして禁煙頑張ってます。

このまま一生禁煙できたらいいな。


続く。

次こそ手術当日です!








子宮頸癌検診 HPV型

そして3週間後。

大学病院にて、再度組織診の結果と、

HPV検査な結果を聞きにきました。


クリニックでの自分の組織診の結果

高度異形成、CIN3、IIIb

大学病院での組織診、HPV検査の結果、

中度異形成〜高度異形成、ウイルスは18型


でした。


あーーーーーーあ。

まただよ。


ハイリスクな悪いウイルス2トップの16.18型。

自分はまさかの18型。


なんだよもう。検査すると毎回悪い結果しか出ない。

今回、中度異形成〜高度異形成になったのも、

立て続けに組織診やったから、

少し良い結果になっただけだろうし。

(組織診は頸部の悪いところ切り取るので、これを繰り返して経過観察してる人はこれで良くなることもあるみたいですね^ ^)


とにかくまた高度異形成でたし、ウイルスもハイリスク型だし、

次の治療に進むことに。


病理検査ができる円錐切除か、

レーザーで焼くだけのレーザー蒸散か、


ここまできたみなさんはきっとみんな迷いますよね(´-`).。oO


もう私は決めきらなくて、先生に委ねました。笑

今回初めてだし、とりあえずレーザー蒸散しましょうか、とのことで、

レーザー蒸散に決めました。


多少リスクがあっても術後の病理検査のできる円錐切除した方がいいのか、

帰宅後もかなり迷いましたが、

まあレーザー蒸散で治ればそれにこしたことないし!と思い込み、

もし悪いのが消えてなくても、再度レーザー蒸散もできるし、

その後円錐切除も出来るとのことだったので、


とりあえず。

焼いてもらいましょう!_(:3 」∠)_


先生がお忙しいらしく、1ヶ月後に入院、手術の予約をし、

書類書いたり説明聞いたりして帰宅。

内心はもっと早くならないかしらと思いながらも、

先生が大丈夫というなら大丈夫と思うことにしました。


ちなみに入院といえど、レーザー蒸散は術後の体調次第で日帰りも可能とのこと。


次回は手術当日です。

と、そのまえに、保険!保険のお話をします!







子宮頸癌検診 初・大学病院へ。

子宮頸癌、組織診の結果が高度異形成.CIN3と出てから、

ネットの知識で自分は

円錐切除をするだろうと思い込んでいました。


切るなら切るで、早くやってほしいと思っていました。

だって高度異形成の細胞が癌に進行したら嫌だし、

すでに上皮内癌だったら、その癌が進行して浸潤しても嫌だし。と。


急がば回れですが、善は急げっていうし!( T_T)


そしてやっと大学病院の受診日がきましたー!待ってました!

クリニックからもらった前回の検査結果と自分の組織のプレパラートを提出しました。


先生「持ってきてもらった組織を再度うちの病院でも診断します。見る人によって結果が変わったりしますので。

今日は内診と、ウイルスの検査をしたいと思います。

私さんは、CIN3で、このウイルスの検査が実費になっちゃいますが、受けてもらいたいです。」

でました。HPV検査ですね!

ヒトパピローマウイルスの型を調べる検査です。

自分でも悪い型だったら怖いので、調べてもらうことに。


そして内診台へ。

これ苦手なんですよねー。内心時のクスコが私はめっちゃ痛いんです( T_T)

いつも看護師さんに力抜いてくださいねーってなだめられます。


先生「酢をかけますね、しみるかもしれないです」

私「大丈夫です」

先生「うーん、ちょっと組織をとっていいですか?」

私「悪いところがありましたか!?痛いですか?」

先生「いえいえー、血管みたいなところがあって、これがあると一応調べたいので。

痛いかもしれません。」

私「はい。。お願いします。」


パチン

やっぱり痛くなかったです。

この時も2.3ヶ所とってもらいましたが、

痛くなかったです。


先生「あ、1ヶ所出血がちょっと勢いがあるので、

レーザーで焼いて止血しますね!

焼くのは治療にもなるので!」

焼く!?痛いの?と不安になりましたが

そうは言ってられないと覚悟を決めました。

私「お願いします!」


しかし、これも痛くなかっです。

よかった!!


女性でかなり頼りになる感じの先生です(*´-`)


先生「ウイルスと、今回の組織の結果は3週間後になりますが、

ガーゼ入れておくので1週間後に取りに来てくださいね^ ^」


とのことで、

次回の予約をし帰宅しました。


結果また3週間後かー(´-`).。oO

不安な日々がまた続くのかと思うと憂鬱( T_T)


続く。








子宮頸癌検診 組織診の結果。

時間がある書けるうちにじゃんじゃん更新!


組織診断から3週間後、

先生から、

高度異形成、CIN3と結果を知らせられました。


もちろん!3週間前の自分とは違います!

勉強しましたからね!

それがいいのか悪いのかくらいわかります!

…悪いよねぇ。。。

高度異形成〜上皮内癌の疑い。


あー、、、癌という言葉は思ったより、重い。

まだ疑いであっても、それが上皮内癌という0期のものであっても、重い!


先生「ここから先の治療はうちのクリニックでは治療ができないので、

病院を紹介しますね、●●大学病院は近いし、

どうですか?」

私「先生のオススメですか?」

先生「大丈夫ですよ。^ ^」

私「じゃあそこで。…先生、私癌なんですか?」

先生「うーん、まだ癌ではないと思います、

でも、グレーゾーンなのでしっかり治療しましょうね!

多分悪いところをちょこっと切るか、レーザーで焼く治療になると思いますが、

治ったら妊娠もちゃんとできますよ^ ^」


そうそう、自分、妊娠希望でクリニックに来たんだと思い出しましたよ。

まさかなー。まさかだよねぇ。


紹介状を書いてもらい、約3週間後に

大学病院を受診することになりました。


とりあえず、自分は大丈夫と思ってる人は、

検診だけはした方がいいですよ!

頸がん検診したことない方!

前にしてから間があいてる方は検診にいきましょう!!


ただね、私、乳がん検診まだ受けた事ないんですよねぇ(´-`)

偉そうに検診行け行け言ってすみません。

癌検診の大切さを知ったので、乳がん検診も行こうと思うのですが、

チョット頸がん検診でこうなってから乳がん検診受けに行く勇気がでず。笑

しっかり治したら、ちゃんと行きますよ!

乳がん検診!



続く。


子宮頸癌 細胞診の結果

2週間後、検査の結果を聞きにクリニックへ。


先生から、ますば血液検査の結果をききました。

問題ないですね!とのこと。

その流れで頸がん検診も問題なしで終わると思ってました。が、まさかの

先生「頸がん検診の方がひっかかっちゃいました」とのお言葉。

…。


はっ!??


なぜか自分は絶対に大丈夫と思っていたし、

あまりに想定外で子宮頸癌について全く知識がありませんでした。


検査結果は→HISL(ハイシルと読む。)


んーー!!?

それって何!?普通なの?軽いの?

それとも悪いの!?とほんとにプチパニックでした。笑


先生に癌ですか?と聞いたら、

グレーゾーン的なお返事をもらい、

とりあえずこの結果がでたら、

細胞診の次の組織診をします、

今からできますよ。との事だったので、

そのまま組織診をしました。


診察台の上で、何をするのかと思っていたら、

先生が、

子宮頸部の組織を切り取りますので、

少し痛いかもしれませんとの事。

まず酢で患部を洗いますね〜みたいな感じで

サッサッと始める先生。


え!?切り取る??怖い怖いと言っていたら、

看護師さんが手を握ってくれました。泣


先生のはーいとりますねー、

パチン。


????

確かにパチンと切り取った感覚?というか音?はあるけど痛くない。


あと2箇所ですねー、はい取りますーす。

パチン。


やっぱり痛くない。

(後々ネットで知ったんですが、痛い方もいるとの事でしたが、私は無痛でした。)


先生が、はーい終わりましたよー。

タンポン使ったことある?入れておくから

2、3時間後に自分でとってね!とこのとでした。


今度は結果が3週間後との事で、

また予約を取って帰宅しました。


帰宅後、普段はナプキン派でタンポン使った事ない自分には

めちゃ不安でしたが、

取れなかったらまた病院来てね、って言われ、

めんどいので怖かったけど頑張って

ヒモ引っ張ったら普通に取れました。笑


その後出血もなく、3週間後の検査結果を迎えます。


※帰ってネットで調べまくった結果、

今回私の検査結果のHISLは、癌の一歩手前みたいな感じでした。

結構悪いんじゃん!と次の結果が出るまでは

内心気が気じゃなかったです。汗

とりあえず組織診の結果が出ないことには、

にっちもさっちも行かないので、

待つしかない!でした。


続く。




初めての子宮頸癌検診

えー、まず私は、

現在結婚4年目、32歳になります。


そろそろ子供が欲しいなと思い、

産婦人科を受診した際に、今まで

頸がん検査を一度も受けた事がない私に、

先生が一度検査しましょうかと勧めてくれました!


その日は

・子宮頸癌検診

・子宮のエコー

・採血


をして帰宅しました。


子宮がん検診は、子宮の入り口の子宮頸部を綿棒でこすり、

その細胞を調べてもらい、異常があるかないかが分かるとのことでした。


子宮のエコーと、採血は、妊娠について異常がないかで見てくれました。

排卵とかは問題なさそうだよー、という

先生のお話でホッとして、

その日は基礎体温の取り方等を教えてもらい、

次回予約を取って帰宅しました。


子宮頸癌の細胞診の結果は2週間と言われ、

2週間後に予約をしました_φ(・_・


続く。

子宮頸がん検診うけました。

初めまして。


30代前半、初めて子宮頸がん検査をして、

自分が前癌状態であることを知り、治療をする事になりました。( ;∀;)


自分は癌なんか縁が無いと思っていました。


ブログを書こうと思ったのは、

検査の結果が出てから不安でしょうがない時に、

色んな経験者の方のブログを読んで、

とても参考になったからです。

そして、同じように不安になりながらも、

頑張っている人達がいるんだな、と、

とても心強く思えたからです。


私もまだ治療中で、

病気がちゃんと治るかどうかもわからず不安でいっぱいですが、

とりあえず私が体験したことを書いて行きたいと思います。


まずは簡単に今までの流れを

(各々の詳細はまた書いて行きます。)

①生まれて初めてクリニックで細胞診という名の子宮頸がん検査をうける。

②二週間後結果を聞きに行く。

    結果はHSIL。よくわからないけど、

    結果が悪いとの事で、

    今度は組織診なるものをしました。

③また二週間後に結果を聞きに行く。

   やっぱり結果は良くなくて、

   高度異形成、CIN3、上皮内癌の可能性

   と言われ、またよくわからないけど、

   癌という言葉に激しく落ち込む。(°_°)

   先生が、ここから先の治療はクリニック

   では出来ないからと、大学病院の紹介状

   を書いてくれました。

④約二週間後、予約が取れた日にちに大学病院へいく。

   子宮頸がんは、ヒトパピローマウイルス(HPV)という名のウイルスが99%の原因

   らしく、自分のもっているウイルスの型を

   調べる検査をしました。

⑤約三週間後、結果を聞きにいく。

    ウイルスには良い悪いがあるらしく、

    自分が持っていたのは悪いやつらしく。。

    18型との事。。( ;∀;)

    ここでレーザー蒸散術という手術をする

    ことが決まりました。

⑥二週間後、一泊で手術をうける。

    手術といっても、日帰りで受けることも

    できるようなものみたいなのでちょっと

     安心。


と、現在手術を受けた翌日です_φ(・_・


長くなってしまいました。

まだ私の術後の結果等はわかりませんが、

結果がでるまで、ここまでのお話を

できるだけ詳しく書いていこうと思います。


このブログを書いた理由として、

女性の皆さん、子宮頸がん検査に行ってください!

私みたいに自分は関係ないなんて放ったらかしてたらだめですよ!

と伝えたいのと、


今後私と同じような診断だった方が、

このブログにたどり着いた時、

自分の経験談が少しでも役に立てればいいなと思って書いていこうと思います。_φ(・_・


とりあえず検査から手術まで、

全てが不安でいっぱいだったけど、

クリニックや大学病院の先生、看護師さん、

ブログで経験談を書いてくれている皆さんの

おかげで、自分もくよくよせずに頑張れていると思います!


ではまた明日☆彡