読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

nikonikokuma’s diary

初めて受けた子宮頸癌検診から手術まで、とその後

高度異形成 レーザー蒸散 手術当日

大掃除の時期ですね_(:3」z)_

めんどくさいけどぼちぼち片付けなければ(*_*)


今回はレーザー蒸散の手術の当日のお話をしたいと思います!


朝10時に病院に行き、受付を済ませて病室へ案内してもらいます。

付き添いはいなくても可(電話がつながればいい)とのことだったので、

1人で寂しいので大部屋にしました( ´∀`)

一泊、もしくは日帰りだし個室なんてお金かかってもったいないしね( ̄∇ ̄)


渡された病院のパジャマみたいなのに着替えて待つ。

手術は午後14時からとのことで、それまで飲み食い禁止!

(朝ごはんは食べてもOKだったので、病院に来る前に軽く食べてきました。)


1時間くらいしたら看護師さんがきて、検温してくれました。

その後、若いお兄ちゃんの先生?が点滴を入れにきてくれたのですが、

一回失敗されて、その失敗した箇所が思いのほか腫れて結構痛かったです。(´-`)


この点滴、脱水症状を起こさないようにポカリみたいな成分で、

手術の時にこの点滴に麻酔を流すみたいです。

もう針を刺すことは無いと知り安堵する。


30分前に看護師さんが呼びにきたので、トイレを済ませて手術室へ。

歩いて行くんだね!ベッドで運ばれてくのかと思ったよ。笑

看護師さんが、歩ける方は歩いてもらいますよー、って教えてくれました。


麻酔も点滴から入れるし、処置は寝てる間に終わるし

もう痛いことは何もないはずなのに

ドッキドキでした。やっぱり手術って言葉だけで怖いー(T_T)


ドラマでよく見る手術室の処置台に寝っ転がり、緊張はピークに(@_@)

結構人がいて(5.6人くらい?)、心電図つけてくれたり、

手と足を固定されたり手際よく準備してくれます。

ここで救いだったのが、

処置台がぽっかぽかだったこと!かなりリラックス効果がありました。


枕元に麻酔を入れる先生が登場し、ではそろそろ麻酔いれますね〜。と。

私の「眠れますかねぇ?」というトンチンカンな質問に

先生も「あはは〜、痛くないようにはしますからねぇ」と負けじ劣らずの応答をしてくれました。

意味わからんと思ってたら先生が、

大きく呼吸してくださいね〜

はーい、大きく!呼吸してくださいね〜と

繰り返してたので、深呼吸みたいに深い呼吸をしてたら

ぼーっとしてきたのですが、まだ完全に麻酔が効いてない時に、

婦人科の先生がクスコをいれて処置していたのか、

あのクスコの激痛が走り、遠のく意識の中

最後の力を振り絞って

痛いです!!の一言を最後に気を失いました。

そうそう。眠り薬みたいな麻酔って聞いてたけど、

眠るってよりも気を失うって感じでした( ̄∇ ̄)


気づいたら手術は終わって、

移動用のベッドに移され、病室へ戻っていました。

まだ麻酔が抜けきらず、ぽけーっとしてたら、

看護師さんがきて、お疲れ様ですと声をかけてくれました。

(後々聞いたのですが、手術室へ入ってから出て来るまで30分くらいだったみたいです。)

1時間くらいぽけーっとしてから、ベッドを少し起こしてもらい、

麻酔が抜けたくらいに自力でトイレへ行き、

病院の夜ご飯を完食し帰宅しました!

なぜかめっちゃお腹空いてました。笑

麻酔で気持ち悪くなることもありませんでした。


トイレへ行った時、少し出血がありましたが、

帰宅後は出血はありませんでした。

痛みもなく、ホッと一安心(T_T)よかったよー(T_T)


が、麻酔が切れた頃から、

激しい肩こりが!!(@_@)ナニコレ

身体が緊張してたんだなぁ(T_T)

看護師さんが湿布くれました。


次回は経過観察のため2週間後にまたきてくださいねと予約票を渡されました。


結局痛かったのは、

失敗された点滴と、

術後の肩こりだけでした。

点滴の方に至っては、アザも中々消えず、

2週間くらい痛かったです。( ˙-˙ )

肩こりは次の日には治ってました^_^


シャワーは翌日から。

翌日から軽い家事はOK。

とのことでした。


次の日から麻酔の失敗跡(しつこい)以外は痛いところもなく、

体調も良かったのですが、

気分的に3日くらいは安静にしてました( ̄∇ ̄)


次は術後の詳細を書きます。

続く。